カテゴリー別アーカイブ: エネルギー

太陽光発電の発電量の差異

太陽光発電で得られる発電量は、様々な影響を受けて違いが出てきます。例えば、
太陽光パネルシステムを設置する屋根の方角や傾き度合い、また設置する地域などによっても大きく違います。
このため、太陽光発電を導入する際は、設置後に十分な発電量が得られるのかどうかを、しっかりと検討することが大切です。
まず、太陽光パネルを設置する屋根の方角は真南で、その傾斜角度は30度が理想的だとされています。しかし、最初から太陽光発電の導入を前提として家を建てる場合を除き、通常は、条件に合致しない場合が殆どでしょう。
このため、多少のズレがあったとしても、発電量にそれほどの差は生じませんので、出来るだけ理想的な形に設置するようにしましょう。
また、地域によっても、発電量に差異が生じます。日本海側よりも、太平洋側の地域の方が日照時間が長いので発電量も多くなります。日本海側の地域では、どうしても、日陰が多くなってしまうため、発電量が少なくなってしまいます。
さらに、太陽光発電には、多結晶シリコン太陽電池が利用されているため、気温が高くなりすぎると効率が落ちるといわれています。
季節によっても、発電量は大きく変わります。当然のことながら、日照時間の短い秋冬よりも春夏の時期の方が発電量は多くなります。ただし、真夏の最も暑い時期は、多結晶シリコン太陽電池の変換効率が落ちるため、太陽光発電の発電量は減ってしまいます。
太陽光発電無料一括見積もり「タイナビ」は【顧客満足度98%】