カテゴリー別アーカイブ: 保険

生命保険選びのポイント

生命保険は長期間払い続けるものですから、教育費やマイホームローンと並んで出費が大きいものですから、必要のない保険や保障額が必要以上に大きい保険に加入すると家計を圧迫することになりかねません。


このため、どういった保険がいいのかしっかりと見極めて上手に選びたいものです。

生命保険を選ぶときに押さえておきたいのは、加入の目的を明確に決める、目的にあった保険の内容、保険額、保険期間を検討する、無理なく払える保険料なのかを確認するの3つのポイントです。

特に、加入の目的は、葬式費用、生活の立て直し、遺族の生活費、病気や入院などによる支出や収入減の対策、老後の収入確保などさまざまありますので、よく考えて、何のために加入するのかを決めることが大切です。

この3つのポイントに基づき、数多くの保険商品を比較検討し、一番適切と思える保険を探します。

現在、何らかの保険に加入している場合も、その内容がこの3つのポイントに合致しているかを再確認し、必要があれば見直しをしましょう。

このように、初めて生命保険に加入する場合も、すでに他の保険に加入している場合でも、自分にあった保険はどのようなものなのか、実際にどんな保険商品があるのかなど、いろいろと検討してみることをお勧めします。


「みんなの生命保険アドバイザー」

定期保険のメリットとデメリット

生命保険は大きく分けて、養老保険、定期保険、終身保険の三つに分類できます。
そのうち、定期保険は、一定期間の保険期間を決めて、死亡あるいは高度障害状態になった場合に保険金が支払われます。掛け捨てのため満期金はありません。このため、むざむざとお金を捨ててしまうのはもったいないと感じる人もいるかと思います。たしかに、長い目で見れば終身保険の方が安上がりになるケースもあるようです。
それにも拘わらず、なぜ、一見ムダとも思える掛け捨ての保険があるのでしょうか。その理由は、まず第1に、家庭を持つ人の場合、子供の独立までの保証を得るための保険に利用するものです。
掛け捨てだと保険料が少ないめ、教育費の負担があるうちは「掛け捨て」という部分を差し引いても効率的といえるのでしょう。そして、この時期には、保険料に比べて保障額が大きいのも魅力なのでしょう。この場合、保険額が少しずつ減る分保険料がさらに割安になる逓減定期保険というものも有効でしょう。

「保険のトータルプロフェッショナル」の無料【保険見直し・資産運用】相談で上質な暮らしを実現しょう♪