カテゴリー別アーカイブ: ペット

ペット資格を取得するには

ペットが好きで、出来ればペット関連の仕事に就きたい人に取って、資格を取得するのが一番の近道です。


ペット関連の資格の多くは民間資格なので、資格を取得していなくても、スキルさえあればペット関連の仕事に就職することは可能です。

しかし、しっかりした知識やスキルを保持しているかを客観的に証明するためには、ペット関連の資格を取得していることは大きな武器になります。

現在では、全国に多くのスクールで、ペット関連の資格を取得できる講座が展開されています。

講座には、通信講座と通学講座があり、それぞれメリット・デメリットがあるため、自分のライフスタイルに合った受講形態を選びましょう。

ペット講座を受講して取得出来る資格としては、トリマーやブリーダー、動物看護士・動物介護士、ドッグトレーナー、ペット販売士などがあります。

これらは、資格内容によって業務内容が大きく異なるため、仕事内容をしっかりと把握した上で講座を受講することが大切です。

また、講座を選ぶ際にあたっては、教材や講師の質は高いか、授業のフォロー制度はどうなっているのか、就職活動のサポート制度は充実しているかなども合わせて、ホームページなどでしっかり確認しておくことが大切です。


ペットグッズ通販ショップ

ドックフードに含まれる成分

犬に必要な最も重要な栄養成分は、動物性たんぱく質、つまりお肉です。
ドックフードに含まれる成分表を見てみると、

■肉:処理された動物から取れた汚染されていない肉で、鶏や七面鳥、牛やラム肉が多く使われています。

■肉副産物:物の体から肉を取り除いた汚染されていない、かつ精製されていない組織、毛や角、歯やひづめを含まない肺や腎臓、脳、肝臓、血液、骨、胃腸など。

■肉粉:血液やひづめ、角、糞などを精製して、脂肪を取り除いたもので、カルシウムの含有量がリンの2.2倍を超えていない、ペプシンで消化出来ない残留物が、12%以下でペプシンで消化出来ない粗たんぱく質が9%
以下のもの。

■穀物:玄米、小麦やとうもろこしなど。

■脂肪:鶏脂肪、ひまわり油など。

■ビートパルプ:ビートから糖分を搾り取った残りかす。

■ダイジェスト:フードの表面に吹き付ける、加水分解した脂肪。
などが含まれています。

なお、粗悪品の場合、肉副産物や肉粉に、事故で死亡した動物の死骸や病気にかかって病死した動物の死骸が使われていたり、人間の食用としては使用できない穀物を用いて作られていたりする場合もあります。成分表を見て、適正価格なのかどうかを良く考えて購入すべきと言えるでしょう。あまりにも安いのは要注意です。

ドッグフード&キャットフード通販「カナガン」