カテゴリー別アーカイブ: 電気

掃除機の価格差は何処で決まる?

家電量販店に行くと、多種多様な掃除機が販売されておりますが、高いものであれば10万円近いものから、安いものであれば1万円前後のものまであり、迷ってしまいます。


では、掃除機の価格の差はどこで生じているのでしょう?大抵の人は、吸引力の差ではないかと思いがちです。
確かに、紙パック式ではそういう側面もありますが、サイクロン式掃除機では、日本製の10,000円程度以上のものであれば、十分なパワーを持っております。実はパワーのある機種は、それ程高くない機種に多いのです。


掃除機ではヘッドの性能もかなり問題となりますので、一概に吸込仕事率が良いからゴミを良く吸うとは言えないのです。


このため、金額の差が表れやすいのは、回転ブラシ部分なのです。回転ブラシは、掃除機のヘッド部にローラーのようなブラシを付けて、これを回転させることで、絨毯の毛を掻き分けたり、ゴミを掻き込んだりする仕組みになっております。


回転ブラシには、吸い込みの風の力で回転する「タービンブラシ(タービンヘッド)式」と、専用の小型モーターを取り付けて、それでブラシを回す「パワーブラシ(パワーヘッド)式」の2種類があります。


床に絨毯を敷いている場合はパワーブラシ式、フローリングや畳だと、タービンブラシ式が向いていると言われております。


ダイソン(Dyson)【サイクロン掃除機とファン&ヒーター】のオンラインショップ

蓄電池とは

蓄電池とは電気エネルギーを貯めたり放出したりできる装置のことです。その特徴は、繰り返し使用することができことで、「バッテリー」とも呼ばれ、さまざまな種類があります。
蓄電池は、硫酸などの電解液の中にプラス(+)極とマイナス(-)極になる金属を入れることによって電流が生まれる仕組みになっています。
プラス (+)極には、イオン(+)が溶けにくい金属を、マイナス(-)極にはイオン(+)が溶けやすい金属を設置して、イオンとくっついていた電子(-)がマイナス極からプラス極に流れることによって、電量が発生する仕組みとなっており、これを、電気エネルギーとして使用します。
電流が発生している間は、蓄電池の中では電解液の中にマイナス極の金属がどんどん溶けだしております。これを「析出」と言いますが、マイナス極の金属がすべて析出してしまうと、これ以上電気を放出することができなくなります。
これと反対に、充電させる場合は蓄電池に電流を流し、プラス極の電子をマイナス極に移動させることによって、プラス極の金属を電解液の中に析出させます。これにより蓄電池の中に電気エネルギーを貯めることができるのです。
蓄電池にどれだけ電気エネルギーを貯められるかは、蓄電池の「電池容量」によって決まります。
住宅用蓄電池は1.5から5.0kW、産業用蓄電池には1.5から20kWと電池容量の幅があり、目的や用途によって電池容量を決定します。

ECO-POWER 6400は、発電機代用の新しい【蓄電池型】電源システムです。