カテゴリー別アーカイブ: 医療

入れ歯、ブリッジとインプラントとの違い

入れ歯は、歯を失った場所に義歯をはめ込んで、周囲の歯にバネで固定する方法です。


天然歯が無くなっているために、アゴの骨が痩せやすく、周囲の歯に負担もかけ、虫歯ができやすい上に見た目も良くなく、かみ合わせが悪いなどの欠点があります。

また、ブリッジは、歯を失った場所に義歯をはめて、両側の歯と一緒に固定する方法です。安定感がある一方で、健康な左右の歯を削る必要があるため、周囲の歯が損傷する可能性があります。

一方、インプラントは、人工の歯根を骨に埋め込み、その上に人工歯をかぶせるもので、これによって、人口歯がアゴの骨にしっかり固定されるため、自分の歯と同じように違和感なく使えるようになります。このため、「第二の永久歯」とも呼ばれております。

入れ歯やブリッジとインプラントとの大きな違いは、「歯が動かない」という点です。

入れ歯は、どうしても浮いたような感覚があり、かみ合わせに違和感をもつ人も少なくありません。また、ブリッジは、アゴの骨が痩せて歯並びが悪くなるというリスクがあります。

しかし、インプラントはアゴの骨に埋め込んでしっかり固定しているため、グラついたり、骨が痩せたりすることはありません。

ただし、インプラントは骨に穴を開ける外科手術が必要な上に、自由診療のため料金が高いといったデメリットがあります。


精密審美歯科

鼻の悩みを解消する施術

■隆鼻術

隆鼻術とはプロテーゼと呼ばれるシリコン製の人工軟骨を入れる手術です。人工軟骨を入れることにより、鼻の全体的なバランスを整えます。鼻の穴の中を数ミリほど切開し、そこからL型のプロテーゼ を挿入します。
抜糸はおおよそ、手術から1週間後に行います。半永久的に変形することはありません。ダウンタイムは、3~5日ほどです。・気に入らない場合、プロテーゼを抜いて元に戻すことも出来ます。


■鼻翼縮小

鼻翼縮小とは、鼻の穴を小さくする施術です。通常の方法では鼻の穴の内側を切開するので、術後に傷跡が目立つ心配はありません。手術はおよそ20~30分ほどで、1週間後に抜糸が行われます。
また、大きな変化を求める方は鼻の穴の外側に沿って切開する方法もあります。メイクは、抜糸の翌日から可能です。 手術時間は、30分くらいです。 外側から切開する方法は術後の傷跡が目立つ場合があります。


■耳介軟骨移植

耳介軟骨移植とは、術後の固定や包帯などを使用しないため、人に気付かれる心配がなく、耳の軟骨も1年ほどで再生します。また、自分の体の一部を使うため仕上がりはより自然で早く定着します。
耳の後ろ(左右どちらか片方)の付け根部分を2センチほど切開し、軟骨を切り取って、鼻の穴の内側から軟骨を重ね合わせて鼻先に移植します。手術時間は、30分~1時間くらいです。 鼻の穴の内を切開するので傷跡は目立ちません。


■鼻尖軟骨切除

鼻尖軟骨切除とは、軟骨の幅が広すぎるいわゆるブタ鼻を解消する手術です。術後は数日ほど多少の腫れが出ることもあり、多少痛みます。一度整えた鼻筋は半永久的にキープでき、後遺症の心配もありません。
1週間ほどギブスで固定し、約1週間後に抜糸を行います。手術時間は30分くらいです。手術後は、1週間くらいギブスで固定します。 一度、整えた鼻筋は半永久的に変わりません。


■わし鼻修正

わし鼻修正は、鼻骨と軟骨の接合部分が発達し、尖ってしまっている鼻の先端部分の骨を、削ったり切ったりすることで鼻の形を整えます。 わし鼻修正は、鼻骨と軟骨の接合部の盛り上がりの骨をヤスリで平らに削ることで解消します。
鼻の穴の内側を切開し、骨を削るため1~2週間ほど内出血が続きます。なお、骨を削る場合は、修正に限界がある場合があります。


■プチ整形(ヒアルロン酸注入)

ヒアルロン酸とはヒアルロン酸を鼻筋に注入することで理想的な鼻筋を作ります。ヒアルロン酸は、も ともと体内にある自然な成分ですからアレルギーの心配がありません。腫れの心配もなく、メスを使うことに抵抗のある人にお勧めのプチ整形です。一般的にヒ アルロン酸は1年~1年半くらいの期間で体内に吸収されます。当日からメイクもOKです。

美容整形なら「もとび美容外科クリニック」

高額療養費制度の活用

病院で診察を受け治療を受けるとき、窓口で支払う治療費は、実際にかかった治療費の3割というのが一般的です。ですから、普通に診察を受ける場合は。それほど診療費については気にすることありませんが、入院するとなると話は別です。
良く保険会社のCMなどで、入院医療費には多額の費用がかかるため、保険への加入を勧める宣伝を行っておりますが、本当にそんなに多くのお金が必要なのでしょうか。
実は、社会保険制度の中に、ものすごくありがたい制度があるのはご存知でしょうか?その制度は高額療養費制度といいます。
重い病気などで病院等に長期入院したり、治療が長引いたりする場合には、医療費の自己負担額が高額となりますが、家計の負担を軽減するため、一定の金額(自己負担限度額)を超えた部分が払い戻されるのが、高額療養費制度なのです。
しかも、事前に立替の必要もありません。手術が必要な大きな治療を受けるとき、よほど緊急の処置が必要でない限りは、かなりの確率で前もって治療費が多くかかることがわかっていますので、そのような場合は、治療にかかる前に、前もって社会保険庁へ申請をすれば、窓口で立て替える必要はなくなるのです。
もちろん、最低の負担額までは支払わなければなりませんが、その額は、概ね8万円から9万円くらいです。但し、入院する部屋や食事の内容によって若干の差はありますので、詳しくは社会保険庁へお尋ねして確認してください。
高額医療制度の使い方や、健康保険のお得な使い方については、無料相談を利用してFPさんへ相談するといいですよ。無料で相談しても、しつこい勧誘や電話は全くありませんので。

生命保険ドットコム