ブランド力と商品との関係

「売れている=ブランド力がある」と「ブランド力がある=(高価格で)売れる」という形は、ブランドの一つの姿に過ぎません。では、ブランドはどのようにして、消費者の意志決定に影響を与えるのでしょうか。
通常、私たちが商品を購入する場合は、ブランドを含めてさまざまな情報から商品の質を推測すると共に、デザインやブランドの魅力も考慮に入れて決定します。
すなわち、ブランド力があるから商品を購入するわけではなく、商品はブランドを超越しているのです。特に、革新的な商品に対しては、ブランドは無力となります。
これは、消費者の主たる取得対象が商品であって、ブランドではないからであり、それゆえに、たとえブランド力があっても売れないことがあるのです。
ところが、エルメスやグッチといった世界的に有名なブランドのように、ブランドそのものが主たる取得対象となるようなブランドは、プレミアムブランドとして一般的なブランドとは区別しなければなりません。
プレミアムブランドとは、官能ブランドだけから構成されるブランドで、一般的なブランドとは異なります。
プレミアムブランドはブランド自体が第一義的な購入対象であり、ブランドに対し値づけがなされ、商品はブランドを具現化し消費者に提供するための手段となるのです。
すなわち、プレミアムブランドは「商品としてのブランド」であり、一般的なブランドは、「商品のためのブランド」という違いがあるのです。

ブランドグッズ【アマゾン&楽天】通販Shop

高圧洗浄機の用途

高圧洗浄機は、基本的に凹凸面や手で届かない場所の汚れを除去できる道具です。その用途は、色んな場所で使われ、多種多様です。
■洗車でのワンボックスなどの高所ルーフや複雑な網目のホイール、フロアマットの掃除・バイク清掃、ベランダのコンクリート防水塗装部などの床掃除
■家屋の外壁・サイディング・リシン仕上げ塗装面・天井面のクモの巣の汚れ
■ブロック塀やコンクリート床、玄関アプローチタイル・防水テラコッタ、インターロッキングなどのコケおよび汚れ
■ガラス、網戸・雨戸の掃除。
■マンションの廊下側のはずしにくい格子窓・網戸など
■ユニットバスの移動しにくい浴槽の奥(エプロン内部の水垢・カビ)
■屋根の枯れ葉の手入れ
■門扉など、手作業では細かい作業で時間のかかる部分
■シャッターの凹凸汚れ
■カーポート・テラス屋根のアクリル板表面・トユ部分の汚れ
■水を抜いたあとの池の掃除
■ウッドデッキや木製椅子、玄関アプローチ・石床など
■凹凸が激しく、洗車ブラシやハンディーブラシでは除去が難しい場所
■排水溝の中、下水管の内部、循環風呂釜など管の壁面に付着した汚れの除去
やっかいな火山灰や黄砂の除去
■車両足回りに付着した融雪剤の除去
■何枚もある天井埋め込み型エアコンの掃除機がかけにくいフィルター
■植物への散水、水やり
など、他にも高圧洗浄機の利用箇所は、応用すればいくらでも考えられます。

ヒダカの高圧洗浄機 HK-1890は【国内最高の高水圧】で驚異の洗浄力!!

蓄電池とは

蓄電池とは電気エネルギーを貯めたり放出したりできる装置のことです。その特徴は、繰り返し使用することができことで、「バッテリー」とも呼ばれ、さまざまな種類があります。
蓄電池は、硫酸などの電解液の中にプラス(+)極とマイナス(-)極になる金属を入れることによって電流が生まれる仕組みになっています。
プラス (+)極には、イオン(+)が溶けにくい金属を、マイナス(-)極にはイオン(+)が溶けやすい金属を設置して、イオンとくっついていた電子(-)がマイナス極からプラス極に流れることによって、電量が発生する仕組みとなっており、これを、電気エネルギーとして使用します。
電流が発生している間は、蓄電池の中では電解液の中にマイナス極の金属がどんどん溶けだしております。これを「析出」と言いますが、マイナス極の金属がすべて析出してしまうと、これ以上電気を放出することができなくなります。
これと反対に、充電させる場合は蓄電池に電流を流し、プラス極の電子をマイナス極に移動させることによって、プラス極の金属を電解液の中に析出させます。これにより蓄電池の中に電気エネルギーを貯めることができるのです。
蓄電池にどれだけ電気エネルギーを貯められるかは、蓄電池の「電池容量」によって決まります。
住宅用蓄電池は1.5から5.0kW、産業用蓄電池には1.5から20kWと電池容量の幅があり、目的や用途によって電池容量を決定します。

ECO-POWER 6400は、発電機代用の新しい【蓄電池型】電源システムです。