脱毛サロンのキャンセルペナルティ

仕事帰りに通おうと思っていたのに、仕事が終わって急いで脱毛サロンに行っても時間が間に合わなくて、結局、キャンセルになってまった。


このように、仕事が多忙な人や、急に予定が変わりやすい人に気を付けて欲しいのが、キャンセルにペナルティが発生する脱毛サロンです。

キャンセルや予約の取り直しをしても、全くペナルティがない脱毛サロンもあれば、たとえ、前日までにキャンセルを連絡しても、1回分消化扱いされたり、場合によっては、キャンセル料として1000円程度を請求したりするサロンもあります。

格安の脱毛サロンでは、場合によってはキャンセルを繰り返して半分程度しか施術できなかったり、キャンセル料のせいで、最終的には割高になったりすることもあり得ます。

殆どの脱毛サロンでは、施術終了後に次の予約を取るシステムになっているため、2~3か月先の予定が不明な人や、キャンセルの可能性がある人は、ペナルティのない脱毛サロンを選ぶ必要があります。

特に、仕事帰りに脱毛サロンに通うことを考えている人は、キャンセルのペナルティの有無に十分注意し、後々、後悔することのないよう、自分のライフスタイル生活や仕事環境に合った脱毛サロン選びをしましょう。


格安料金で提供するエステ「エルセーヌ」

エッセンシャルオイルとは

エッセンシャルオイルは、アロマテラピーに欠かせませんが、その成分は、植物の花や果実の皮、樹皮、葉、種子などから抽出した100%天然の揮発性オイルです。

水に溶けにくく、アルコールや油脂に溶けやすいためオイルと名がついておりますが、厳密にはオイルではなく、高濃度の有効成分を含んだ芳香物質です。

このため、例えば、0.05ml(1滴)のバラの精油を抽出するためには、約50本ものバラの花が必要となりますから、本当の意味でのエッセンスと言えます。

精油の抽出方法は、水蒸気蒸留法や圧搾法、溶剤抽出法などがあり、植物によって使い分けられております。

原料となる植物によって異なる香りがあり、それぞれ、高い濃度の有効成分を含有しており、その種類は、約300種類もあります。

有機栽培の植物を原料に使ったものは、オーガニック・エッセンシャルオイル、日本原産のヒノキやスギ、ゆずなどを原料にしたものは和精油と、多種多様です。

また、同品種の植物でも、土地の性質や気候などの自然条件によって成分構成が異なります。

例えばローズマリーでは、フランス産は「ローズマリ・カンファー」、コルシカ産は「ローズマリー・ベルベノン」、モロッコ産は「ローズマリー・シネオール」と学名が記載されております。

ラブチャームス