プラセンタのアレルギー効果

プラセンタ療法の薬理効果は、抗炎症作用、抗アレルギー作用、活性酸素除去作 用、自律神経調節作用、細胞活性化作用、血行促進作用が複合的に作用し、アレルギーに対しても様々な効果を発揮することが分かっています。


アレルギーは、身体に元々備わっているウイルスや細菌から身を守る「免疫力」が、過剰に反応して攻撃し過ぎることによって、身体にマイナスの症状を引き起こす現象です。


アレルギーは、主にペットの毛やカビ、食物などによって起こり、アレルギーを起こす物質のことを、抗原またはアレルゲンと呼びます。


プラセンタには多くの成長因子が含まれており、それらが、細胞の再生を促進させて、アレルゲンを異物とみなして攻撃する、リンパ球内の免疫細胞である異常なリンパ球を排除することによって、アレルギー体質自体が改善されます。


特に、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、気管支喘息などには高い効果が報告されています。


また、慢性関節リウマチや潰瘍性大腸炎なども、異常なリンパ球が原因で起こる疾病であることから、プラセンタによって、症状が改善すると言われております。br/>

胎盤には元々、母体が胎児を異物と認識し攻撃しないようにする免疫抑制作用に加え、抗炎症作用もあるため、アレルギーの対処療法としてステロイド剤と同じ効果も発揮します。


ステロイドは副作用がありますが、ヒトプラセンタ注射や内服薬には、これまで重大な副作用の報告はされていないというメリットもあります。


植物性プラセンタ「穂のしずく」☆女性の健康と美白・美肌をサポート♪

コメントを残す