掃除機の価格差は何処で決まる?

家電量販店に行くと、多種多様な掃除機が販売されておりますが、高いものであれば10万円近いものから、安いものであれば1万円前後のものまであり、迷ってしまいます。


では、掃除機の価格の差はどこで生じているのでしょう?大抵の人は、吸引力の差ではないかと思いがちです。
確かに、紙パック式ではそういう側面もありますが、サイクロン式掃除機では、日本製の10,000円程度以上のものであれば、十分なパワーを持っております。実はパワーのある機種は、それ程高くない機種に多いのです。


掃除機ではヘッドの性能もかなり問題となりますので、一概に吸込仕事率が良いからゴミを良く吸うとは言えないのです。


このため、金額の差が表れやすいのは、回転ブラシ部分なのです。回転ブラシは、掃除機のヘッド部にローラーのようなブラシを付けて、これを回転させることで、絨毯の毛を掻き分けたり、ゴミを掻き込んだりする仕組みになっております。


回転ブラシには、吸い込みの風の力で回転する「タービンブラシ(タービンヘッド)式」と、専用の小型モーターを取り付けて、それでブラシを回す「パワーブラシ(パワーヘッド)式」の2種類があります。


床に絨毯を敷いている場合はパワーブラシ式、フローリングや畳だと、タービンブラシ式が向いていると言われております。


ダイソン(Dyson)【サイクロン掃除機とファン&ヒーター】のオンラインショップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>