エッセンシャルオイルとは

エッセンシャルオイルは、アロマテラピーに欠かせませんが、その成分は、植物の花や果実の皮、樹皮、葉、種子などから抽出した100%天然の揮発性オイルです。

水に溶けにくく、アルコールや油脂に溶けやすいためオイルと名がついておりますが、厳密にはオイルではなく、高濃度の有効成分を含んだ芳香物質です。

このため、例えば、0.05ml(1滴)のバラの精油を抽出するためには、約50本ものバラの花が必要となりますから、本当の意味でのエッセンスと言えます。

精油の抽出方法は、水蒸気蒸留法や圧搾法、溶剤抽出法などがあり、植物によって使い分けられております。

原料となる植物によって異なる香りがあり、それぞれ、高い濃度の有効成分を含有しており、その種類は、約300種類もあります。

有機栽培の植物を原料に使ったものは、オーガニック・エッセンシャルオイル、日本原産のヒノキやスギ、ゆずなどを原料にしたものは和精油と、多種多様です。

また、同品種の植物でも、土地の性質や気候などの自然条件によって成分構成が異なります。

例えばローズマリーでは、フランス産は「ローズマリ・カンファー」、コルシカ産は「ローズマリー・ベルベノン」、モロッコ産は「ローズマリー・シネオール」と学名が記載されております。

ラブチャームス

コメントを残す